-

自動車重量税、別名重量税という税金は、国内メーカーの自動車でも海外の車等車の生産している国やプラグインハイブリッド車、ステーションワゴンという車体も関係なくたとえばスバルやフォード、等でも通常納税の義務がある税金のことをいいます。モテ会話マスタープログラム

新車登録をする際あるいは車検のさいに支払いが発生する税金なのです。天使のララ

この金額はその車の大きさで決定されます。MVNOとSIMフリー業界

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は別の税のためしっかり理解して一緒にしないようにしなければなりません。簡単バレンタインチョコ

「自動車重量税とはクルマの重さにより」「自動車税というものはクルマのリッター数によって」金額が異なります。おーやんのワクワクニュース

そして、引き取りの際の待遇も異なりますし注意しなければなりません。ファストップ錠

中古車を手放すときには支払い済みの車の税額がいくらあってもその税金が還ってくることはないです。アクア買取

一方自動車税でしたら既に納めた金額を買取額に上乗せしてくれるようなことがなくはないですが、重量税については足されるということはなかなかないでしょう。シドルフィンex

重量税というのは売却時に納付済みの税額が残っていると言っても中古車の買い取り業者でそのことが忖度されることはほとんどないものなのです。キャッシング

なので次の支払い分かりやすく言えば次回の車検まで処分するのを少し保留し売るという方法が最も良いでしょう。

自動車売却の際は考慮していただけない重量税ですがある条件の場合では還ってくる可能性があります。

これに当てはまるのは、車検の効力が残存している車を廃車として処理する際です。

というのは抹消登録をした際に残っている期間に応じた金額が返金されます。

しかし、自動車買取の際はその自動車が廃車になるのとは違って返ってきません。

そして売却する自動車の名義変更をしてしまった時や、盗難にあった際も返還してもらうことはできません。

重量税の残存期間があるクルマを売却するということは要は車検がまだある中古車ということになります。

その辺りを店側も配慮しますので、重量税の残存期間があればある程度査定額が上乗せされることでしょう。

勿論、査定額は店舗によって違ってきますが車検が残っているということを考慮していただければクルマの売却額と比べるとそこまで損をするということもありません。

Category

リンク