-

最近、簡単に使用することができる借入なのですがうっかりしてはならないのはカード会社は利益を立てるために利率を設定していることです。山口孝志

お金を貸すのは会社なのですから当然ですがローンの利息というのはかなり高いものです。山口孝志

グレーゾーンの利息が通用していたときは29.20%などという非常識な高い利率で契約設定させられていたのです。

そしてその時代は総量規制のようなものが存在しませんでしたからどんどん口座作成していたというわけです。

そして、不良債務者を作りだしたので、自己破産する国民が増えてしまいました。

結果総量規制によりつまるところ自分の首を絞めるようなこととなりました。

さて、今日では利息はかなり低い金利になりましたが、そうだとしても住宅ローンと比較して高水準であることには変わりがないと言えます。

借りるお金の額が少ないのであればそれほどは大きな負担にはならないかもしれませんが大きい金額のカードローンをした場合、それに比例して支払いの時間も長くなります ̄、金利を払う額も結構な額となるかと思います。

現実にシミュレータで勘定すると最終的に相当の額を返済していることに気付くと思われます。

このようなことを当然と認識するのかあるいはもったいないと感じるかはその方の考え方次第ですが私の感覚ではこれだけ金額があるのなら多くの物品を買うことができるのにとためらってしまいます。

こんなに多額の利息を払いたくないと言う人は何とかして支払い回数を繰り上げるようにしてください。

ほんのわずかの額でも先に返済をしておいたら引き落し月数を短縮することもできます。

何かしらの必然性もなく借りる人はいるわけがありあません。

どうしても必要で借金するので、あとは引き落しを若干でも少なくする工夫が必要です。

かつ支払に余裕があるような場合には多く返済をして早期の完済をしなければなりません。

Category

リンク