-

自動車を売る時、さらに車の売却手続きの際もどちらも印鑑証明が必要になります。この印鑑証明について説明していきます。印鑑証明とは、その印鑑が実印であるということを保証する目的の書面です。この書類がない場合にはその印鑑に関して実印として認められているという事実が裏付けられません。大金が動く商談になる中古車の売買ですから必然的に実印が必要ですが、その際に印鑑証明が出てきます。印鑑証明をつくるためには、事前に印鑑証明する必要があります。書類に登録する印鑑は正式には実印といい同じものが二つとないはんこでなくてはなりません。この印を準備して、近所の市役所などの担当部署に行けば、すぐに印鑑登録できます。印鑑登録の手続きをすれば印鑑登録カードなるものを発行してもらえて登録が完了した印鑑は実印ということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうためには役場の取次ぎ所へ出向き、専用の書類に必要項目を書き込んで、印鑑登録カードを持参するだけです。それから、自動交付機を使って印鑑証明を発行してもらうことができます。印鑑証明には期限切れなどはありません。ですからいつの印鑑証明でも印鑑証明としての効力は持続するということです。ただクルマ買い取りのときには、印鑑証明は三ヶ月以内に発行されたものである必要があります。基本的には有効期限などはないのですが愛車の買い取り時には、買い取り先が有効期限を設定していますので車の売却を予定しているのであれば、あらかじめ用意しておくことが望ましいです。

Category

リンク